使い捨てコンタクト通販

使い捨てコンタクトレンズの特徴や使用、通販のメリット、デメリットについて書きます。

今回は、特に1日タイプについて重点的に書きます。

さて、使い捨てコンタクトの特徴は、文字通り使い捨てであるということです。

当たり前だと思うかもしれませんが、ここから大きなメリット、デメリットがわかります。

 

メリット :洗浄がない分、ケアが楽である。

      開封しすぐ使用、終われば捨てることから衛生的である。

      落としてしまっても被害が最小限で済む。

      一度購入すると、数が多いということで安心感がある。

デメリット:使い捨てでないコンタクトレンズに比べ、値段が高くなる。

 

となっています。1日で使い捨てるというだけで、洗浄の手間は消え、極めて衛生的な装着環境となり、

装着道具と1個予備をポケットかバッグにでも入れておけば、落としても問題なし。

値段は多少高くなりますが、眼の衛生と手間の開放を考えれば安いものです。

 

また、使い捨てコンタクトは通販も充実しており、コンタクト価格比較サイトなどもあります。

一度眼科医を受診し処方箋を手に入れておけば、簡単に数を補充することができます。

しかも、海外からの個人輸入サイトであれば処方箋なしで購入可能です。

通販のメリット、デメリットとして

 

メリット :簡単に購入できる。

      眼科での購入より安い場合がある。

      いつでも購入できる。

デメリット:最速で購入したいなら、眼科医に在庫が有るならばその方が早い。

      受診しない分、眼の状態の変化に気づきにくい。

      送料がかかる。

 

といった具合です。手軽さを求めるならば通販ですが、ある程度の周期で眼科医の受診をお勧めします。

コンタクトを変えた、あるいは見え方が変わってきたと感じた場合は特にです。

コンタクト通販の注意点

コンタクトレンズを通販で購入する際の注意点。

 

これは当然ながら、個人情報が第一でしょう。

どこの馬の骨ともわからぬ怪しげな激安通販を利用したらクレジット情報を始め、

様々な個人情報が流出した、

大量の変なダイレクトメールが届くようになった、では困ります。

 

まず、クレジットカードについては、使わないというのが一番早いです。

振込み等他に方法はありますから、急ぎで買いたい場合でなければ振込みをお勧めします。

 

その他の個人情報については、もはや信頼できそうなところを使うしか方法はありません。

YAHOO等で検索し、一番上に出てきたから信頼できる、とは限りません。

なぜなら、地獄の沙汰も金次第。

金を積めば検索結果上位に表示させるなんていうのは簡単だからです。

昨今のCMはバカのひとつ覚えみたいに検索を促していますが、

そもそもいきなりサイトとしてでてきたのにトップに表示されるのは

おかしいですよね?あれは金を積み、上位表示を依頼しているからです。

無論、CMから検索しクリックすることでページ表示回数は増え、

そこからは金を積まなくてもよくなります。

 

掲示板等で情報を集め、その情報のウラを取り、

信頼できそうなサイトだと思えたら利用するのが個人情報保護の第一歩だと思います。

 

それ以前にウイルス等に感染していて、キーボードからの入力情報を全てどこかに送信されていれば

話になりませんが・・・

コンタクト通販と処方箋

コンタクトレンズを購入する際に用意しなければならない処方箋。その必要性や取得方法などについて

記載します。

 

さて、国内販売でのコンタクト通販サイトの場合、処方箋を添付する旨記載されています。

これはなぜでしょう?

コンタクトはアクセサリではなく、眼に入れる医療器具だからです。

法律(薬事法)で決まっているため、

処方箋なしで国内販売した場合は違法行為となり罰せられます。

個人輸入、つまり海外のコンタクト通販サイトであれば

以前使っていたコンタクトの箱を見ながら数値を入力するだけですが・・・

 

じゃあ、処方箋はどうしたらもらえるの?となると、正直運次第です。

というのも、現在はだいたいの眼科がコンタクト販売店と提携しており、

受診→提携販売店で購入という流れになっているからです。

それに、処方箋を出すということは眼科医がお墨付きを与えたことになります。

つまり、処方箋のデータどおりに買った粗悪品で眼を悪くしたのは、

処方箋を書いたあんたのせいだ!となりかねないのです。

医師からしてみれば、提携店の売り上げに繋がらないし、

書いた処方箋がどういう形で一人歩きするかわからない。

そんな行為を好むはずがありません。

 

だから、他でコンタクト買うから処方箋だけくれ!と言ってすんなりとOKがもらえるかは

その医師次第。

つまりはあなたの周りにそういう医師がいる眼科があるかなのです。

だから運次第というわけです。

 

処方箋がどうしても欲しいなら、事前に電話等で確認することをオススメします。